森林療法フォーラム2010 ここがオススメ!!

|

代表理事 奈須 憲一郎

 

 主催者でありご当地の人間でもある私が言うのもなんですが、非常に充実したフォーラムになりそうです!笑

 

 講演・会員発表・ランチョンスピーチの顔ぶれとその内容だけでも既に森林療法に興味を持っている私たちにとっては参加する動機付けばっちりですが、その後の夕食兼交流会、これがスゴイ。

 カフェのようなリラックした雰囲気の中で創造的な対話を行う、ワールド・カフェ(以下、WC)という対話のプロセスをご存知ですか?実は、森林療法ギャザリングではこのWCを参考にプロセスデザインしているおかげで対話がはずんでいますが、フォーラムの夕食兼交流会でもWCを取り入れます。

 しかも、WCの伝道者として各地を飛び回っている西村勇也さんにファシリテーターを務めていただけることになりました。このWCを境に当協会の次の展開が見えてくると確信しています。

 もちろん夕食の内容も充実です。下川町の隣、名寄市で「食工房おると」というイタリアンの菜園料理レストランをやっている古屋シェフに旬の地産地消メニューをお願いしています。

そして2日目のフィールド体験。これは参加人数次第でプログラムの種類が増減するかもしれませんが、今

の段階で決まっているのは、みんなで代わる代わる鋸をひき、トドマツを倒して枝葉をいただく体験。この鋸をひく作業、これがいいんです。他のことは考える余裕がなくなり、今ここ、鋸を水平に動かすことに集中。行動的瞑想。作業療法。

 倒したトドマツからは枝葉をいただき、これを蒸留工場に持って行き、エッセンシャルオイルを抽出します。アロマテラピーをやってらっしゃる方にとっては憧れのプログラムになっていますので、これを目当てに参加する方もいらっしゃるはず。

 そうそう、下川は政府が認定する環境モデル都市ですので、随所に持続可能なコミュニティのヒントが見つかるはず。見方によっては、このフォーラムはエコツアーにも。

 最後に、いろんな人が集えばそれだけでその集いの魅力は相乗効果で増えるので、これを読んで「行きたい!」と思った方は、今からでも遅くありません!すぐお申し込みを!

 

▼参加費/25日のみ、会員2,500円、一般3,500円/26日のみ(昼食含む)、会員3,500円/両日参加、会員5,500円、一般7,500円

▼お申込み・お問合せ

森林療法フォーラム2010実行委員会

shinrin-jimu@live.jp fax:01655-4-2606

 

このブログ記事について

このページは、事務局が2010年9月15日 20:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森林療法フォーラム2010in環境モデル都市しもかわ」です。

次のブログ記事は「森林療法ギャザリングin八国山緑地のおしらせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26