活動報告・・・森林セルフケア体験会in明治神宮

|

 2011年3月6日、明治神宮で昨年の「森林療法ギャザリング」を経て、記念すべき第1回森林セルフケア体験会が開催されました。今回も晴天に恵まれて、暖かい小春日和の中を気持ちよくすごすことが出来ました。毎回天候に恵まれて本当に感謝です。「われわれ何か持っていますね」・・・某心療内科医がにこにこと流行語をつぶやいていました。

 

体験会ということで理事と参加者の方が3つの組に分かれて森林セルフケアを体験しながらゆっくりと散策。宝物殿前の芝生に集合、感想や質問などを行なって終了、という流れ説明。早速歩き始めました。

 

 日曜日の昼下がり、明治神宮はたくさんの人でにぎわっていました。僕たちは原宿駅から一番近い南参道の鳥居をくぐりスタート。たくさんの人が歩く中、小さな橋に差し掛かりました。とても短い橋なので僕は今まで見過ごしていましたが、今日はそこで耳を済ませてみて五感を開く準備運動をしてみよう、という打ち合わせをしていました。左側、水の流れてくる方向に向かって目を閉じて耳に手を当てて意識を集中します。すると喧騒よりも小川の流れる音が良く聞こえてくるようになりました。参加者の方も同じ感覚を持っていただけて、とても驚いていました。

 

 境内に向かう大鳥居はくぐらずに直進。北参道に入ります。少しずつ人通りは少なくなり、門の一本手前を左に曲がります。するともう人は誰もいない森への入り口となります。暫く歩きもう一度五感を開く準備運動。今度は静けさの中に少しずつ、鳥の声や風の音を感じ取れるようになります。それから深呼吸の練習をします。腹式呼吸は副交感神経を優位にしてくれる呼吸方法なので森の中で行なうとフィトンチッドや揺らぎも手伝い、深いリラクゼーションを得ることが出来るのです。

 

 芝生に出ました。そこで靴を脱いで靴下になり芝生の上を歩きました。太陽の光をたっぷり受けた芝生はほんのりとした熱を帯び暖かいのです。

 

 約1時間20分の散策を終えて一度集合。それぞれにレジャーシートを配り好きな場所で過ごしていただく時間をとります。

 最後は輪になって今日の感想と質問などの時間。皆様からいろいろな感想を頂きました。

 

     意識を変えるだけでこんなに見えてくるものがあるなんて感動しました。

     ハーブの仕事をしていて森林療法に興味を持った。こんなに身近で簡単に行なえるなんて驚いた。

     耳を済ませてみて、水の流れる音が聞こえてきてほっとした気分になった。目だけでは捉えきれないものも感じられてとても楽しかった。

     意識して自分の感覚にフォーカスする、写真の仕事をしているがこれは新しい感覚。意識の集中で交感神経を高め、拡散で副交感神経をたかめてバランスをとる、楽しかったです。

     植物の気持ちを考えよう、と思った。ハーブの仕事に生かしたい。

     いつもの景色も違った意識で見たらリフレッシュできそう。

     自分を解放する手段を考えていた。今日は気持ちの解放ができた

     以前少し勉強してから玉川近くの雑木林でやっている。ぜひ来てください。

     ねこみみをしてせせらぎをかんじました。

 

 今回もいろいろな分野から参加していただいた皆様ありがとうございました。貴重な意見を参考にして今後に生かしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

 

 これからの季節、自然が元気になっていきます。ぜひ体験会にまだ来ていない方、お誘い合わせてきてみてください。

このブログ記事について

このページは、事務局が2011年3月28日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森林セルフケア体験会in名古屋(2011年4月10日)」です。

次のブログ記事は「理事会だより~2011年3月6日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26