事業計画ワークショップ報告 2011年6月5日

|

6/5、午前の支援研修会に続いて午後から事業計画ワークショップを行いました。

このワークショップは、会員の方・また当協会の活動に関心をお持ちの皆さんと一緒に来年度(20118/120127/31)の事業を話し合い、ここで出た案を理事会で検討し、事業計画案としてまとめ、総会に提案します。

 

今回はいろいろな方面の方々にお集まりいただき事業計画を考えていきました。社会課題に対し、それぞれが段階的に役割分担して連携できそうなつながりで、とても偶然集まったメンバーだとは思えませんでした。どのような事業を提案していただいたのか、今後どのように動いていくか、詳細は決定してから公開いたしますが、概要は以下のとおりです。

 

ご提案いただいた事業

     心理カウンセラーの方と協力し、WHO認証のセーフコミュニティー(事故やけがは、偶然の結果ではなく、予防できるという理念の下、地域住民と行政等が協働して「地域の誰もがいつまでも健康で幸せに暮らせるまち」を創ろうという取組み)を目指す自治体の事業に森林セルフケアの考え方を導入する

 

     株式会社としてうつ病社会復帰を支援している企業とプログラムに森林セルフケア導入の可能性を検討する

 

     「もりごはん」と森林セルフケア体験会のコラボレーション企画を検討する

 

     フェイスブックなどを活用した協会広報の強化を会員さんと検討していく

 

理事会で議論した結果、各提案に対して担当者を決定しました。具体的な事業として展開できるようこれから検討をしていきます。

 

これからも協会ではこのような事業計画を検討するワークショップを開催していきます。森林セルフケアを活用してお互いの発展を期待できるような事業を展開していけるようなアイデアを次回ワークショップに向けて随時募集しております。皆様のご協力をお願い致します。

このブログ記事について

このページは、事務局が2011年7月 6日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森林セルフケア支援研修 報告 2011年6月5日」です。

次のブログ記事は「森林セルフケア体験会in和歌山県高野山 報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26