森林セルフケア講座 in 大阪 報告 2011年5月28-29日

|

5月には台風なんか来ないという思い込みがあり、天気予報もあまり当てにしていなかったのだが、しっかり台風さなかの実施となってしまった。

 

今回は沖縄、広島、岡山、東京、名古屋など遠方の人が約半数で帰宅困難者がでないかどうかとても心配したのだが、皆さん、日程の入れ替えに快く応じてくださり、とてもありがたかった。

 

 遠方から来られただけあって、熱心でかつ豊かな感性をもたれた人が多かった。天候が悪いなか140haの公園が貸し切り状態となり、公園を管理されている池口様の全面的協力もあり、ゆっくり、のんびり落ち着いた雰囲気の森を味わうことが出来、参加者の感想もよかった。

 

雨の日のプログラムも何度かやっているが、今回はワールドカフェで新たなアイデアが出てきた。柔らかな頭の持ち主が何人もいて、雨音、新鮮な緑、しっとりした空気感を味わえたのは当然ながら、雨の中を裸足で歩き、土や芝の感触を味わう、雨の中で座ったり寝転んだりも良いのではないかという大胆な意見も出たのには少し驚いた。ストレスからの解放やこの季節のもやもや感を発散させるという意味でよさそうにも思ったが、今回のような参加者であれば出来たのかもしれない。この公園にはトイレがいたるところにあり、足湯を楽しむことも出来るので、面白いかもしれない。普段は天気のいい時にしか公園に行こうと思わなかったりするのが、仲間がいると行けたり、裸足で歩けたり、ヤマナメクジ(体長7cmほど)に触れたり、とセルフケアといってもグループでやる意味は大きいのかも。もちろん、多くの人は20分ほどの雨中でのセルフケアもとても心に残ったようだ。

 

 今回の万博公園内の自然文化園はパビリオンを壊したあとの瓦礫の上に造られた再生された森なのだが、見事に育ち生物多様性も豊かなものだった。照葉樹林の樹冠の中を歩く(キャノピーウォーク)もほとんどの参加者には初体験だろうし、森を俯瞰するなど今までに無い森林体験が出来たし、オオタカの巣を見たり、モリアオガエルの泡のような卵を見るなど都会では味わえない驚きの発見は参加者にも印象深かったようだ。

 適度な勾配のある土の道があり、その脇にはビオト-プやせせらぎがあり、森林散策で五感を開くメニューには事欠かないほどよい森だった。身近な森に感謝。

 また、室内での講座も窓からは緑が見えたり、休憩時間には生き物の標本だけでなく、生きているモリアオガエルやカワニナや淡水魚がいたり、またさまざまな森の素材で出来た展示物があり、飽きることのない時間だったのではないか。

 

 講座を終えた後、近くの森で早速にご主人を連れてセルフケアをされた方からお礼のメールをいただいたが、森林療法でなく森林セルフケアはより身近に感じてもらえ

たようだった。

このブログ記事について

このページは、事務局が2011年7月 6日 15:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森林セルフケア講座~実地編in東京報告2011年4月24日」です。

次のブログ記事は「森林セルフケア支援研修 報告 2011年6月5日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26