活動報告_森林セルフケア支援研修in東京

|
2014年7月6日(日)に開催致しました、森林セルフケア支援研修in東京の活動報告を致します。


***************************
日時:2014年7月6日(日)13:00~16:00
場所:赤坂溜池クリニック
天候:晴れ
参加者:5名(男性3名/女性2名)
***************************

担当者より

前の体験会に引き続いて、午後は森林セルフケアサポーターになるための支援研修です。午前からの参加者4名と、以前に体験会に参加していた1名が午後から加わって5名、そして飯田理事とマネージャーの僕(山野)と、午前から参加していたサポートスタッフの原田さんの8名で行いました。


支援研修は、事前に与えられていた課題から自分でセルフケアを行う場合の対象者やフィールド、メニューなどを発表して皆でディスカッションをするものです。


飯田理事の進行役で参加者から発表が始まり、対象者については、家族、友人・知人など比較的身近な人を対象としていていました。フィールドも新宿御苑、八王子の都立小宮公園、茨城県の牛久自然観察の森、福島県民の森、文京区の小石川植物園など発表者の身近なフィールドを取り上げていて無理のない企画だと感じました。


メニューではよく個性が出ていて、自然観察ではカメラで撮影して肉眼との違いを感じるとか、ルーペで植物観察をすると新しい世界が広がるので取り入れたとか、新しい発想が出てきました。


また、それ以外にもスケッチ、キャンプでナイトハイク、フラワーエッセンスなど多くのアイデアがだされ、楽しめるメニューがたくさん提案されました。


予算については実費程度から2千円程度までありましたが、自分たちが学んできた経費も含めて必要な経費として計上したほうが良いとの意見もありました。


参加者やスタッフの活発なディスカッションで研修は大いに盛り上がり、横のつながりを大切にしてセルフケアを広げるための活動を協力して行っていくことで話がまとまり、全員が森林セルフケアサポーターに申請し認定され、新しいサポーターが誕生しました。(山野)

このブログ記事について

このページは、事務局が2014年7月14日 12:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「活動報告_森林セルフケア体験会in新宿御苑」です。

次のブログ記事は「役員コラム⑦「光合成の季節」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26