役員コラム⑮「自分の今年 1 年を振り返って漢字 1 文字で表現しましょう...。」

|
メールマガジンと連動して、NPO法人日本森林療法協会の役員がリレー形式でコラムを掲載して参ります。
第15回目は理事の佐藤 栄児さんです。



「自分の今年 1 年を振り返って漢字 1 文字で表現しましょう...。」

佐藤 栄児



そんなテーマで毎年この時期にアルコールデイケアのプログラムの中でみんなに話してもらっている。そこでもちろんスタッフも話をする。

振り返ると、僕は漢字 1 文字やっぱり「走」であった。

今年はたくさんの距離を時間をかけて走ってきた。公道も、山道もとにかく走りに走った。
それはとても楽しかった。そしてここにきてタイムを本格的に伸ばすための苦しい練習を始めたらあっというまに足を痛めて、今は走ることを控えるという苦しみの中にいる。

れは何を暗示しているのか、なんて考える癖が僕にはある。考察すると僕は早く走ることに気を取られすぎていた、時間を気にしすぎていた...というところに落ち着いた。

走ることが僕にもたらしてくれていることの大きさは計り知れない。僕は走るという行動を通じて自己肯定感を高める内燃機関の構築に成功した。これは人生において大きな前進であった。

だから続けていきたいと思っている。そうすると、走れなくなることは本末転倒なわけで。
走れなくたってやれることはたくさんある。苦しみに打ち勝つ楽しい練習負の工夫だってきっとある。今しかできないこともある。僕は 5 感を働かせてこの状況でしか拾えないものを見極め、きちんとものにしたいと思う。

こんな風に考えられるのも走ってきたおかげかもしれない。

このブログ記事について

このページは、事務局が2014年12月24日 14:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「活動報告_森林セルフケア支援研修in東京」です。

次のブログ記事は「2014年活動報告①「森林セルフケア体験会」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26