役員コラムvol.24「各地の森林療法フィールド増やしましょう」

|
メールマガジンと連動して、NPO法人日本森林療法協会の役員がリレー形式でコラムを掲載して参ります。

第24回目は理事の降矢 英成さんです。

yakuin koramu.pngのサムネール画像のサムネール画像

各地の森林療法フィールド増やしましょう

理事 降矢  英成(赤坂溜池クリニック)


 最近、講座などで各地へ出張する機会がときどきあり、この都市にはどんな森林療法に向いているフィールドがあるのだろうと、空いている時間をあてて探索しています。

 当協会では、住んでいる土地の近くの公園など、身近なフィールドを活用して「森林セルフケア」を行うことをお勧めしていますので、5月に行った福岡では、福岡城址、大濠公園、西公園の三か所を探索してみました。

 福岡城址は、かの有名な黒田官兵衛・長政の親子が築いた名城の跡ですが、城跡は多くは公園として開放されていますので、有力な候補になります。福岡城址も中々の広さで、樹木も多く、天守閣跡からはヤフオクドームも見えて気持ちが広々とするフィールドでした。

 一方、大濠公園は「濠」とつくように、福岡城のお濠を公園として活用している「水辺」の公園です。水辺という立地も、人間にとって有益な要素であり、周囲にはそれなりに樹木も繁っていて、ここも捨てがたいフィールドでした。

 そして、最後に探索した西公園は、前の二つに比べて知名度は劣っていますが、小高い丘全体が公園になっており、見事なイヌマキやクスノキなどの南方の樹木が美しく、海に面していて金印が出土した志賀島が望め、さらには黒田官兵衛・長政親子を祭った光雲神社があるなど、予想外のフィールドでした。

 なお、福岡は、日本ホリスティック医学協会の協力で、来年「森林療法」をテーマにした講座を担当する予定になりましたので、ぜひ福岡の森林療法の開拓・普及を実現したいと思っていますので、皆様の中で、福岡に繋がりのある方はお知らせ下さい! 宜しくお願いします(5月頃を予定しています)!


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!

https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

このブログ記事について

このページは、事務局が2015年7月13日 09:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コラム:森林療法のエビデンス⑥」です。

次のブログ記事は「活動報告_第5回森林セルフケアフォーラム委員会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26