活動報告_森林セルフケア体験会in砧公園

|
2015年10月11日(日)に開催致しました、「森林セルフケア体験会in生田緑地」の活動報告を致します。
今回はサポーターの稲場さんより、ご報告いただきます!

***************************
日時:2015年10月11日(日)13:00~15:00
場所:砧公園
天候:曇り
講師:馬場 健一
マネージャー:神山 和久
サポーター:稲場 祐子
参加者:4名(男性1名/女性3名)
***************************

担当者より

砧公園は、芝生の広場と樹林とか、バランス良く構成され、家族向けで楽しめる公園です。当日の朝は、冷たい雨がしとしと、身体もじっとしていると冷えてくるお天気でした。しかし開始直前に雨も上がり、より洗われた綺麗な森の空気と緑の中でスタート出来ました。

IMGP0012.JPG

入り口からは、しばらく高木に両側を囲まれ、上に身体も心も伸びる様な解放感を味わいながら進みました。

IMGP0008.JPG

トチの大木の所では、大きな葉や実探しなど、さらにムクロジ、ドングリの実探し...と、童心にかえり、夢中で拾って、実の匂いを嗅いだり楽しみました
だんだん慣れて来ると、落ちている葉や花の残骸にも目が向くようになり、想像も楽しんでいました。さらには、私達の勝手な解釈で、[若返りの木]から、若返りのパワーをもらったり...五感をフルに発揮

IMGP0005.JPG

馬場さんの呼吸タイムでは、森から、森の気を身体にいっぱい頂いてさらに、サルスベリの木の所では、神山さんがワークを行うのですが、そこは、サルスベリの幹が、そこにだけ何本か集まっている不思議な空間でした。幹ばかりが並びまるで人体の骨格が並んでいるかの様。それらの幹の形を人間の骨格に見立て各自がその幹になってその形になるように身体を動かしたりする。その中で自分の身体や骨格に注意を向けてみる神山さんならではのワークどちらも森の中ではのワーク。

IMGP0023.JPG
  
最後に広場で、各自が好きな場所で好きなように1人の時間を過ごした。
すぐに転がる人、最後まで自分の木を探して歩く人、寝て下から木を見て過ごす人、雨上がりのため、いつもなら、賑やかな家族連れでいっぱいの広場が、静かでしっとりとして、空気も落ちついている中で、各自新たな発見をお土産に出来たことでしょう。

IMGP0029.JPG
 
「朝、雨でやめようかと思っていたが、参加して良かった」「自分一人では、頭でわかっていても出来ないので、この様に誘導してもらえて有り難かった」等の声も

今更ですが、天候(気温、湿度、天気)、森の構成、他の環境状況、参加者のその時の状態が影響しあってのその場のエネルギーを体感した事に感動。独りで自分のためのセルフケア、集団でしか味わえないセルフケア、どちらも素敵で魅力あるなと改めて感じた1日。全てが一期一会。


何より最後までスタッフ含め笑いの絶えない楽しい時間を一緒に過ごす事が出来た事が最高ですね~(稲場)

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!

https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

このブログ記事について

このページは、事務局が2015年10月20日 08:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第8回森林セルフケアフォーラム委員会開催のお知らせ(10/15)」です。

次のブログ記事は「理事退任の御挨拶(奈須憲一郎理事)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26