活動報告_森林セルフケア体験会in明治神宮

|
2016年4月30日(土)に開催致しました、森林セルフケア体験会in明治神宮につきまして、今回はサポーターの田川さんより活動報告をお届けします!


************************
日時:2016年4月30日(土)10:00~12:00
場所:明治神宮
天候:晴れ
参加者:5名(男性3名/女性2名)
************************

担当者より

新緑のすがすがしい気候のもと、明治神宮の杜でセルフケア体験会を開催しました。


明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、「永遠の森」を目指した壮大な計画のもと、大正4年から造営工事が始まりましたが、全国から植樹する木を奉納したいと献木が集まり、北は樺太(サハリン)から南は台湾まで、日本だけではなく満州(中国東北部)朝鮮からも届き、全部で約10万本の木が奉献され延べ11万人に及ぶ青年団の勤労奉仕により植林することによって、代々木の杜が誕生しました。

 

当時その種類は在来種等を含め365種でしたが、東京の気候にそぐわない種類もあり、現在では234種類になりました。今や、東京ドーム15個分の杜は、まるで自然林のように大きく豊かに成長し、平成25年の「鎮座百年記念 明治神宮境内総合調査」では、日本新発見の昆虫(ジングウウスマルヒメバチと命名)が報告されたほか、数多くの絶滅危惧種や、都会には珍しい生物がいることが報告されました。

 

今回は5名の参加で、講師1名の合計6名で実施しました。

 

IMG_0475.JPGのサムネール画像


5月晴れの湿気が少なく、暑くも寒くもないちょうどよい気温で、気持ちよく体験会を実施することができました。

 

明治神宮南門に集合して、自己紹介を兼ねて今日の予定を説明し出発しました。

途中で大鳥居の台湾檜の香りをかいでいただきました。


IMG_0473.jpg

お日和が良く、結婚式が多数行われており、外国人の関心をひいていました。

 

森の中に入り、自然への気づきを様々な感覚を使って理解していただきました。

森の途中で、檜を伐採してチップにして敷いているところで、参加者から檜の香りをかいで、気分がすっきりしたという感想をいただきました。

広い芝生広場で森林セルフケア体験として、各自で場所を決めて30分間ほど自由に横になって、セルフケアの時間をとりました。

このブログ記事について

このページは、事務局が2016年5月 9日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「活動報告_森林セルフケア講座実地編in仙台」です。

次のブログ記事は「活動案内_森林セルフケア体験会in水元公園_2016/7/3(日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26