活動報告_森林セルフケアフォーラム2016_屋外森林セルフケアコースE

|
2016年10月10日(土)に開催致しました、「森林セルフケアフォーラム2016」の「屋外森林セルフケア」より「コースE」を佐久間 高広さんより活動報告を頂きました。

***************************
日時:2016年10月10日(土)13:00~15:00
場所:代々木公園
天候:曇り
案内役:山野 勉
参加者:7名(男性5名/女性2名)
***************************

担当者より

「森でストレッチ」というタイトルに惹かれた見ず知らずの7名がイベント終わりには、みんながニコニコ笑顔になっているという素敵な時空でした。

 さて、休日の家族連れやサークルで賑わう代々木公園。入口では園内マップの配布です。その人がたっくさんいる芝生で、各々が持参したビニールシートを拡げて、お弁当を食べながらチェックイン!

E4.jpg


参加動機は様々、自分自身の心身の不調回復の一手を探している方、学校の生徒向けのコンテンツを探している方、もちろんストレッチ方法を学びに来ている方など、一見違う切り口でもみんな同じ思いですぐに意気投合です!さぁプログラムの開始!というところで、先ほどの園内マップを見ながらの今日のコース説明でイメージを膨らませます。

 まずは、人気のない林に入って、全身のストレッチ。ストレッチは「刺激を与えたい場所から始めるのがいい」とのことで、頭部のストレッチからです。ゆっくりと足元までストレッチをしていい気持です。自然と森の香りが鼻から入ってくる感じです。

E5.jpg


次は針葉樹の林の中で、15分間のグラウンディングです。気に入った木を選び寄り添いながらゆったりとする。「これまでの日常と切り離す」狙いだったそうです。(筆者も完全に切り離されました。)実は、山野さんはチェックインの時の参加者のみなさんの動機を聞いて、フィトンチッドの効果種別を意識し、針葉樹にするか広葉樹にするかを決めていたとのこと。

お次は、桂の葉で甘い匂いの漂う林で「匂いのする葉っぱを探そう!」というゆる~いお題のもと自由散策です。参加者の一人は、もう夢中で探していて、「あっ!これだ!」という見つけたときの表情の良さったらありませんでした

E3.JPG


そして、プラタナスの巨木広場では、抱き着いたり、耳を当ててみたり、乗ってみたり、みんな開放的になって木と戯れつつ、アットいう間に時間が過ぎていました。

ラストアイテムは、山野さん考案の「木とのストレッチ」です。 一人でできる7分間ストレッチという書籍から「木とできそうなもの」を選んだそうです。なんだか、木の幹がストレッチの先生みたいで、さらに親近感がわきます。「いつもの散歩の途中でも一人でできそうなアイテム!」これぞ森林セルフケアの技を体感というところでしょうか。

E2.JPG E1.JPG
自分でできるようになるための記憶の三要素「
経験記憶、知識記憶、方法記憶」を網羅したガイド方法であり、終了後のディスカッションでのコメントで「セルフケアに使いたい!」が多く聞かれる、記憶に残るイベントでした。山野先生の準備とアイディアにみなさん感謝でした~。


このブログ記事について

このページは、事務局が2016年11月25日 08:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「活動報告_森林セルフケアフォーラム2016_屋外森林セルフケアコースB」です。

次のブログ記事は「活動報告_森林セルフケア講座実地編in東京」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26