【ご報告】森林セルフケア講座実地編in浜松城公園

|
2017年5月21日(日)に開催致しました、「森林セルフケア講座実地編in浜松城公園」につきまして、活動報告をお届けします!


***************************
日時:2017年5月21日(日)09:00~16:00
場所:浜松城公園
天候:晴れ
担当:田川
参加者:10名(女性8名・男性2名)
***************************

担当者より

浜松城公園で森林セルフケア講座(実地編)を行いました。

浜松城公園は、昭和25年子ども博覧会の開催及び動物園の開園を契機に開設されました。現在の天守閣は、昭和33年に市民の浄財によって再建されました。浜松城の景観にふさわしい日本庭園や作左の森等が完成し現在の公園となりました。今年はNHK大河ドラマ「井伊直虎」の舞台として整備されています。

緑の少ない市街地にあって、豊かな森に囲まれた公園は、浜松市のセントラルパークとして多くのみなさんに親しまれています。日本庭園や展望広場などがあるので本物の森の雰囲気が味わえ森林療法にはうってつけの場所です。


最初に五感を開く"嗅覚"「匂い」への気づき、クスノキの葉を揉んで匂いをかいで刺激のある香りで感覚を覚醒します。展望広場に移動して森林セルフケア体験会を行う場合のサポーターとして、野外での立ち位置や参加者への配慮等、サポーターとして役立つプログラムのポイントを、一つ一つ行うごとに解説しながら進めました。

浜松1.jpg

五感を開く"聴覚"「音」を数えて音に集中してもらいます。それから心理療法的な活動「今の気持ち」記入し提出はせずに。展望広場から博物館まで移動しながら植物観察を行いました。海に近いエリアなので「ハコネウツギ」など、私の日頃の活動エリアではなかなか見ることがない植物がありました。

天守閣の手前の芝生のところで裸足になってもらい「アーシング」、足湯に入っているようだとか、これで今日の体験会に十分に満足した、という感想がありました。芝生広場まで下り、運動療法を行う前に脈拍を測ってもらい、芝生広場の周りを回って、15分くらい歩いてもらうつもりでしたが気温が30度くらいと高めでしたので10分ほど歩いて、脈拍を確認しました。歩いた距離が多くないので脈拍はあまり増えなかったようです。

浜松2.jpg

昼食は皆さん仲良く展望広場で、気持ちのいい風の吹くところで持参のお弁当を広げて活発に情報交換を行っていました。昼食後は呼吸法を行いました。そして、バンダナで目かくしをしてブラインドウォークを行い、視覚以外の感覚を研ぎ澄ましていただきました。それから、「一人の時間」を行いました。


ふりかえりでは、森とのつながりの中で行う心と身体のセルフケアを実感出来た、全体を通してゆったりとした時間の流れに普段は味わえないような時間感覚を感じた、目かくしをして地面の葉っぱを触った瞬間に子どものころに土に触って遊んだ記憶を鮮明に思い出したという、感想をいただきました。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

今後の活動情報はこちらから

http://foresttherapy.wixsite.com/forest/schedule


NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!

https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖


このブログ記事について

このページは、事務局が2017年6月 2日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ご案内】森林セルフケア体験会in浜松城公園_2017/7/2(日)」です。

次のブログ記事は「【ご報告】森林セルフケア体験会in福岡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26