【ご報告】森林セルフケア講座実地編in札幌

|
2017年10月8日(日)に開催致しました、「森林セルフケア講座実地編in北大植物園」につきまして、活動報告をお届けします!

***************************
日時:2017年10月8日(日)12:00~17:00
場所:北大植物園
天候:晴れ
担当:田川
参加者:5名(女性4 名男性1名)
***************************

担当者より

北大植物園で森林セルフケア講座(実地編)を行いました。

北大植物園本園は札幌駅から徒歩で約10分という立地にありながら、広さ13.3haの園内にはハルニレの巨木が立ち、一部ではうっそうとした林も残されていて、開拓以前の古き札幌の姿がしのばれます。

IMG_0601.jpg


また高山植物など北海道の自生植物を中心に約4000種類の植物が育成されており、春には可憐な花々を、秋には色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。そのほか博物館や北方民族資料室では、北海道の開拓や先住民族の生活・文化に関する貴重な資料を見ることもできます。


 植物学の教育・研究を目的に設置された北海道大学の施設ですが、広く一般にも公開され、「緑のオアシス」として多くの市民に親しまれています。
森の雰囲気が味わえて森林療法にはうってつけの場所です。


最初に心理療法的な活動「今の気持ち」を記入して発表はせずに進みます。五感を開く"聴覚"「音いくつ」で目を閉じて音に集中します。ハルニレの森へいき、五感を使う「木のフィールドビンゴ」を行い、木の特徴などに気づきます。カツラの葉の香りで秋の香りを楽しみます。

IMG_0600.jpg


プログラムのポイントを、一つ一つ行うごとに解説しながら進めました。それから、ハルニレの森から博物館まで移動しながら植物観察を行いました。博物館の手前の芝生のところで裸足になってもらい「アーシング」、裸足になるのは久しぶり、という感想がありました。芝生広場から運動療法を行い、芝生からハルニレの森を回って、15分くらい歩いて、脈拍を確認しました。運動療法の後で、呼吸法を行いました。それから、「一人の時間」を行いました。最後に「自然の紋」というネイチャーゲームを行い、自然とゆっくり向き合っていただきました。

ふりかえりでは、森とのつながりの中で行う心と身体のセルフケアを実感出来た、全体を通してゆったりとした時間の流れに普段は味わえないような時間感覚を感じたという感想をいただきました。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

今後の活動予定は下記ページよりご確認下さい!

http://foresttherapy.wixsite.com/forest/schedule

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

このブログ記事について

このページは、メンバーが2017年11月21日 07:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【お知らせ】役員退任・新任のお知らせ」です。

次のブログ記事は「【ご報告】森林セルフケア体験会in札幌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26