日本森林療法協会: 2009年6月アーカイブ

第9回医療部会のご案内

|
テーマ「北相木村診療所の"託林"および森林回想法の取り組みから学ぶ」

重い病気や障害を抱えた方、肉親を亡くした方、人工流産や誕生死を経験した方、心の傷を癒したい方、結婚や出産などの人生の節目を迎えた方などがそれぞれの気持ちをこめて森林内に植樹をすることを「託林」といいます。今回はこの託林、および森林における回想法という貴重な取り組みを続けていらっしゃる北相木村診療所所長の松橋和彦先生にお話を伺いながら、託林の現場「りんねの森」も見学して学びます。

HPを移転しました。

| | コメント(1)
NPO法人日本森林療法協会の公式HPは当サイトに移転し、同時にサイトのリニューアル作業をを進めていますので、完成まではこのブログをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、日本森林療法協会2009年6月に書いたブログ記事が含まれています。

次のアーカイブは日本森林療法協会: 2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26