森林セルフケア体験会: 2011年7月アーカイブ

 3/20-21で、森林セルフケア体験会in和歌山県高野山を実施しました。

 東日本大震災から1週間と、まだまだ落ち着かない時期でしたが、大阪から2名、徳島から1名、神奈川から1名、地元の高野山から1名、合計5名の方に参加していただきました。

 

当日はあいにくの雨模様となりましたが、1日目は午後から宿坊近くのコウヤマキ群落を歩き、途中で木に寄り掛かったり、シートをひいて寝転んだりして、じっくりと森を味わいました。日本のパワースポット的な場所はどこもコケがすごいですね。フワフワのコケをみんなで楽しみました。

また、コウヤマキは針葉樹なのですが、スギやヒノキと比べると、とても明るい、さわやかな森でした。

 

16時には宿坊に戻り、炬燵を囲んで語り合い。ワールドカフェ方式を参考にして、話をする人はコウヤマキのマキボックリを手にとってお話します。マツボックリより少し大きめでやわらかい手触りです。

 

語り合いのテーマは、まずは「今日のウォーキングで癒されたと感じたこと」。寝転んだ景色、フワフワのコケ、フワフワの足元など、それぞれの視点で様々な意見が出されました。次に「自分にとってのセルフケアとは?」。お酒を飲む、走る、大きな木をみるなどいろいろ出ましたが、「心が動く時」というところになんとなく落ち着きました。最後に「森の良さを伝えるとは?」。自分が感動すること、その感動をとりあえず言葉にすること、相手の感動を受け止めること・・・。自分が感じたことを語り、人が感じたことを聞くなかで、一人ひとりの中の森林セルフケアをもう一度再発見できたのではないかと思います。

 

2日目は、弘法大師廟を通るセラピーロードを高野山セラピーガイドの西田さんに案内していただきました。西田さんは、金剛峯寺山林部というお寺の森を管理する林業家なので、セラピー基地をとるときには自分でセラピーロードを作ったそうです。弘法大師廟までの道のりは、大きな杉の木やフワフワのコケがまたまたたくさんお出迎え。途中の苗畑に建てられた囲炉裏のある小屋でセラピー弁当と薬草茶をいただきました。その後、一本杉という大きな木に会いに行き、遠い昔からのエネルギーを感じてきました。昼過ぎに解散した後は、各自ごま豆腐を買ったり、金剛峯寺にお参りに行ったりして過ごしました。

 

今回、久しぶりの宿泊プログラムでしたが、森林セルフケアの可能性を感じることができました。ご協力いただきました高野「めざめの森づくり」実行委員会の皆さま、現地でガイドやフォローをしていただいた会員さん、ありがとうございました。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月以降に書かれたブログ記事のうち森林セルフケア体験会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは森林セルフケア体験会: 2011年3月です。

次のアーカイブは森林セルフケア体験会: 2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26