森林セルフケア体験会: 2019年12月アーカイブ

森林セルフケア体験会とは

|
 森林セルフケアとは、

「森に行って自然に無理なく自分自身をケアする健康法」です。

 森林セルフケア体験会は、森の中でできるケアの方法を体験し、自分と森と健康についていろいろな視点から探ってみようというものです。都市にある森から山深い森まで様々なフィールドで開催し、その場所での体験と自分の健康の関わりについて語り合いながら一人ひとりの森林セルフケアを見つけるお手伝いをします。

参加費:会員1,000円、一般2,000円

【森林セルフケア体験会約2時間のおおよその流れ】~その日の天候などにより、内容は毎回異なります。
・集合、イントロダクション 約5分・五感を開きながらウォーキング 約30分
・呼吸法、気功など、森林の中で健康法の体験 約30分
・体と森林を感じながらウォーキング 約30分
・森林の中で1人で過ごす時間 約15分・振り返りの時間 約10分
・解散

※「森林セルフケアサポーター」資格認定者はサポートスタッフとして参加することができます。
※「森林セルフケアコーディネーター」資格認定者は、この体験会の講師を務めることができます。

 2009年12月から2010年12月まで、森林療法について自由に語り合う森林療法ギャザリングを行ってきましたが、これを森林セルフケア体験会と名称変更して行います。

森林療法ギャザリングの様子はこちらから活動報告・森林療法ギャザリング

このアーカイブについて

このページには、2019年12月以降に書かれたブログ記事のうち森林セルフケア体験会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは森林セルフケア体験会: 2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26