理事会便り: 2012年12月アーカイブ

理事会だより 2012年7~12月

|

昨年からの森林セルフケア普及活動にともない、多くの有資格者が誕生しています。10月には初の試みとして有資格者が実施者となる「森林セルフケア☆フェスタ」を開催し、多くの参加者に楽しんでいただくことができました。また総会では、従来の「森の癒し案内人」という資格名称を「森林セルフケアサポーター」への変更と、事業計画として有資格者の活動をサポートする体制を整えることが承認されました。今後の森林セルフケアの普及には有資格者の活躍が欠かせません。理事会でも有資格者への応援体制について話し合いましたので、合わせて報告いたします。

 

●資格名称を「森の癒し案内人」から「森林セルフケアサポーター」へ変更しました。

森を活用して自分自身をケアする"森林セルフケア"を学び、伝えることのできる人。」という人材表現に適した資格名称を公募し、投票の結果、「森林セルフケアサポーターに決定しました。皆さまの投票結果は、第一希望を5点、第二希望を3点、第三希望を1点としてカウントし、合計点数の多い名称を候補とし、1020日の総会にて決定いたしました。

 <資格名称候補投票結果>

a.       森林セルフケアサポーター (5点×8)(3点×1)(1点×2)= 45

b.森林セルフケアアテンダント (3点×1)(1点×2)= 5

c.森林セルフケアメイト       (1点×1)=  1

d.森林セルフケアナビゲーター  (5点×1)(3点×3)(1点×2)= 16

e.森林セルフケアコーディネーター (5点×4)(3点×6)(1点×1)= 38

f.森林セルフケアコーディネーター(森の癒し案内人) (5点×4)(3点×4)= 32

g.森林セルフケアインストラクター (5点×1)(3点×3)(1点×3)= 17

h.森林セルフケアガイド (5点×4)(3点×3)+ (1点×1)= 30

i.森林セルフケア道先案内人 (3点×1)= 3

j.森の癒し案内人(変更せず) (5点×5)(3点×1)点+(1点×6)= 34

 

●森林セルフケア体験会コーディネーター制度の導入

今までの森林セルフケア体験会では応援スタッフ12名募集していましたが、今後、体験会ごとにコーディネーター1名を募集いたします。コーディネーター仕事は、広報(Facebook等)、申込受付(返信CC担当理事へ)、事前案内、当日受付などで、参加費1を謝礼とさせていただきます。森林セルフケアのサポートは、森を案内するだけではなく、申込受付、事前の質疑応答も含めてサポートと考えることが出来ます。森林セルフケアを総合的にサポートできる人材の育成をはかりたいと考えています。

このアーカイブについて

このページには、2012年12月以降に書かれたブログ記事のうち理事会便りカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは理事会便り: 2012年10月です。

次のアーカイブは理事会便り: 2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright(c) NPO法人 日本森林療法協会 All Rights Reserved
Powered by Movable Type 4.26